彼女とのお付き合い その2
 
念のためご注意! 
申請方法や必要書類について、現在は変わっているかも知れません。
現地に行く前に必ず確認してから行って下さい。
変わっていたとしても、こちらは責任とれませんのでご注意ください


英語が一番!

 結婚届けの作成について

私が用意したもの 結婚届
彼女が用意したもの :NSO発行の婚姻契約書原本
:上記婚姻契約書の日本語訳
提出先         :区役所、市役所
     
結婚届は区役所にあるのでもらってきて書きます。

自分の欄はもちろんすぐ書けます。
奥さんの欄はとりあえず名前と本籍の欄に’Filipino’(フィリピン人)と書けばokです。
本人のサインですが結婚届けを現地に持って行って書いてもらうのがベストだと思いますが、私は持って行くの忘れたました。
でも特に不要なようでそのまま通りました。あと、私のように先にフィリピンで正式に結婚した場合は、追認の形になるので、証人2名は不要です。
 
婚姻契約書謄本(CERTIFIED OF MARRIAGE)は、フィリピン国家統計局(National Statistics Offic)・通称「NSO」発行のものが必要です。NSOは主要な都市に支部がありますが、婚姻証明書謄本を発行するのはマニラのNSOだけなので彼女にはマニラまで行ってもらう必要があります。
(「フィリピンでの結婚手続」にも書いてますので見てください)


提出後、手に入れる必要があるのが戸籍謄本です。1週間程で奥さんが戸籍に入った戸籍謄本が発行されます。
これで、在留資格証明書の申請ができるようになります。

 尚、とりあえず結婚届を提出し、戸籍に入れる手続き中であるという証明を出して
   もらうことが婚姻届を出した時にできるので、一応在留資格の申請はできます。
   しかし、どうせ後で戸籍謄本を提出する必要があるので2度手間になります。



フィリピンでの結婚式
▲このページの先頭へ

    philippines

HOME

フィリピン基本情報
マニラ国際空港での帰国手順
ボホールへの行き方・帰り方
ダグビララン市・両替・交通
彼女とのお付き合い
大変な結婚手続;;;



プライバシーポリシー