ボホールへの行き方・帰り方

もちろん一年中夏の国ですからいつでも夏の服装でokです。

正式国名 フィリピン共和国 (Republic of the Philippines
通貨 ペソ

 換金率 日本円×0.47 から 0.5 ぐらい
        *その時々によって変わります
ペソへの両替 日本で銀行に行っても日本円からペソへの両替はできません。フィリピン到着後に両替を行います。
(間違っても日本国内で、両替できる銀行を探していくつもの銀行をまわるような無駄な努力はなさらないように! あ!昔の私か・・・)

私はいつもマニラ空港内の出口付近にある赤い看板の銀行で両替しています。名前は覚えていないというか覚える気がないのですが(笑)。赤い看板の銀行(と言っても小さな事務所)は1つしかないので’あ〜 あのサイトで書いてたのこれか〜’と思っていただけると嬉しいです。
もちろんホテルでも両替できるところは多いですが換金率が若干悪いようです。マニラで一番換金率がいいのは街にある両替商という話を聞いたことはありますが、どこの店がいいのか分からないので私は利用していません。
言語 タガログ語と英語が公用語となっているようですが、
地方によって複数の言語が使用されています。
ボホールではビサイヤ語が主に使われているようです。
日本との時差 1時間。    *日本が1時間進んでいる 
電圧 220V

マニラ、セブ島、ボホール島の場合、コンセントの形状は日本と同じなので海外用コンセント変換プラグは不要です。
他では必要なところもあるみたいです。
主食 日本と同じでお米
肉をよく食べるというのが僕の印象です
フィリピンへの電話の掛け方 通信会社によって異なりますが、一般電話や国際公衆電話からKDDIを使う場合 001−010−63−相手の電話番号
  *相手の電話番号がゼロで始まる場合、
   最初のゼロはとる


<国際電話は高いので安い方法を探しましょう>
携帯から掛けた方が安い場合も。

<いつも繋がるとは限らない・・・>
特にボホールのような田舎だと一般庶民の家庭に固定電話は無くみんなプリペイド携帯電話だと思いますが日本から携帯で掛ける場合、ときどき何度掛けても繋がらないときがあります。
だいたいは大丈夫なんですが、携帯から携帯へ掛ける場合は電波が不安定みたいです。
大事な急ぎの話がある時には一般電話や国際公衆電話から掛ければ繋がると思います。

現地から日本への電話の掛け方  0081 に続いて 市外局番+電話番号。
      *市外局番の最初の 0 はとる


これから国際結婚などで1年に何度もフィリピンへ行くことになる方なら行くたびに日本で海外用携帯をレンタルするよりむこうでプリペイド携帯を買った方がはるかに安くなります。電話番号も決まってますので電話を受けやすいですし。

携帯本体はだいたい日本円で1万ぐらいでそれなりにするのですがなんといっても通話料が安いです。
300ペソ(約700円)のカードで日本への電話や、フィリピン国内で何度も通話やメールができて最初は安さに驚きます。 
日本の海外用レンタル携帯で同じような使い方をした時には
5〜6千円ぐらい取られたと思います。

航空券・航空会社 ツアーなら別ですが、個人で行く場合で海外旅行に慣れていないとフィリピン航空等で航空券を取る・・・と思う人もいると思いますが(最初の僕がそうでした・・) 正規の航空券はとても高いです。
格安航空券を買いましょう。 


格安航空券でも飛行機が遅れたときは次の飛行機を手配してもらえましたし、特に問題はないと思います。

日本から行くとマニラに着く(注)のですが、ボホールやセブ島に行くために国内線に乗り継ぐ場合、フィリピン航空が便利です。
マニラに泊まってから行くのなら関係ないですけど、国内線と国際線のビルは離れていて、国際線のビルは新旧2つあるのですが、フィリピン航空だと国内線のビルに歩いて5分で行ける新しい国際線ビルに着きます。
他の航空会社だと国内線のビルから離れた古い空港ビルに着くためタクシー等で行かないといけないので不便です。

(注)セブ島に直接行く便もあるようです。


関西空港(大阪)だと格安航空会社のセブパシフィック航空が就航していて、関西空港とマニラ間を週3便飛んでるようです。
僕は利用したことがありませんが、格安航空券程度の料金でいけるみたいです。
ただ、格安航空会社だけに、飲み物も食事のサービスも一切なし。ついでに映画、音楽もないようです。(注:サービス内容は変わるかもしれません)
海外に行くのにちょっと寂しいけど、安いのでしょうがないか。 飲み物とかは機内販売で売っていて、日本円でも買えるみたいです。
格安航空券と同じぐらいの料金なら、普通に食事とかがあるフィリピン航空/タイ航空の格安航空券で行った方がいいと思いますけど。 格安航空券の手配ができないときは利用するのもいいでしょうね。

 ▲このページの先頭へ

ボホールの情報
地方名 中部ビサヤ地方
州名 ボホール州
人口 約115万人
市町数 48
詳しい情報は左のメニューから「タグビララン市・両替・交通」を見てください。

ちなみに上の写真はボホールのチョコレートヒルと呼ばれる観光地で、写真の様に

チョコレートのように小さい山がいくつも並んでいる不思議なところです。
奥さんと初めて遊びに行ったのがここなので、私にとっては思い出深いところです。

▲このページの先頭へ



    philippines

HOME

フィリピン基本情報
マニラ国際空港での帰国手順
ボホールへの行き方・帰り方
ダグビララン市・両替・交通
彼女とのお付き合い
大変な結婚手続;;;



プライバシーポリシー