直線上に配置

バナー
慣れているとなんでもないですが、この前、僕の奥さんが一人でボホールの実家から日本に戻るのに困ったらしいのでページを追加しました。
迷うのは僕の奥さんぐらいという話もあるのですが(笑


アイコン とにかくマニラに行く!
そしてお約束ですが遅くても飛行機の出発2時間前には空港に行きます。空港と言っても国際線・国内線また、航空会社によっても場所(入り口)が違います。

間違えて国内線:Domestic airportに行かれたら面倒なのでタクシーの運転手には航空会社の名前と、International airport: 
インターナショナルエアポート」

と言うのを忘れずに。


フィリピン航空の場合はこれが目印です!

▲このページの先頭へ




マニラの国際空港ビルは新旧2つあるのですが、以下の写真(内容)はたぶんフィリピン航空専用だと思うのですが、新しい方のビルのものです。
手順は古い方のビルでも同じですが建物の内容は下の写真とは異なります。うちはほとんどフィリピン航空なのですいません。


メール アイコン
入り口から入って目の前にあるチェックインカウンターに行って飛行機のチケットを搭乗券に変えてもらいます。カウンターはたくさんありますが自分の乗る飛行機の便番号(PR408便とか)が書いてるカウンターに行きます

分からないときは案内窓口でチケットを見せて聞きます。 大きな荷物はここで預けます。


チェックインカウンターの風景


セブ・パシフィック航空のチェックインカウンター
セブ・パシフィック航空のは、たしか古い方のビルだったと思います。


▲このページの先頭へ




チェックインカウンターの右方向に空港税を払うカウンターがありますので、パスポートと搭乗券を出して空港税を払います。 
P550
 
550ペソは残しておきましょう。いや、突然値上げされたら困るのでもうちょっとですか(爆


ここで払います





▲このページの先頭へ




アイコン
空港税を払ったあと、上の写真のカウンターの横を通ると出国カードが置いてあるので書きます(全部英語なので、慣れていない方は書き方が書いてあるガイドブックを持って行った方がいいです。)
その後、イミグレーション:Immigration:出国審査場でパスポート、搭乗券、出国カードを示します。パスポートにハンコを押してもらって出国の許可をしてもらいます

ここはものすごく混んでいるときがあります。飛行機の時間が迫ってるととてもあせります。 一番ひどいときはこの前で1時間近く待たされました


出国審査場です。いつもこんなに空いていればいいのですが


ここを抜けると手荷物と身体のセキュリティーチェックがあります。
ズボンのバンドもとれ!と言われます!
それが終われば、手続きは終わりです。あとは出発時間まで待ちます。

このエリアではおみやげも買えますし、飲食店もあるので出発までゆっくり過ごせます。


フィリピン航空の場合、タバコを吸う方は右端にある小さな喫茶店で。ここではテーブルでサンドイッチを食べたり、ビールなども飲めます。タバコを吸うだけでもいいみたいです。

搭乗時間が近づくと搭乗券に書いてあるゲート(N1など)に行って、いよいよ飛行機に乗り込みます。 時間がきて出発!と、思ってもやはり遅れてくる人はいるもので最高1時間近く待たされたことがあります。飛行機って親切過ぎない?数人のために何百人の人が待たされるなんて、、と思ったりもしますが国際線の場合はしょうがないのでしょうか。

とにかく、これで日本に向けて出発です!

▲このページの先頭へ


























    philippines

HOME

フィリピン基本情報
マニラ国際空港での帰国手順
ボホールへの行き方・帰り方
ダグビララン市・両替・交通
彼女とのお付き合い
大変な結婚手続;;;



プライバシーポリシー